BLOG

自賠責保険について⑨/江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へ!

2019/11/27
交通事故のイラスト

江別で交通事故治療に力を入れている「はやしハリきゅう整骨院」です!

 

自賠責保険について解説していきます。

 

今回は政府保障事業について紹介します。

 

事故にあった被害者は、本来であれば加害者や加害者の加入する保険から、損害賠償金を受け取ることができます。

しかし「ひき逃げで加害者が特定できない」、「加害者が自賠責保険に入っていなかった」、「事故相手が盗難車で保険金が支払われない」など、

相手から損害賠償金をまったく受け取ることができないケースがあります。

このような場合、政府は加害者に代わり最小限の補償を被害者に対して行います。

 

*補償内容

補償内容は自賠責保険と同様です。

・傷害→120万円

・後遺障害→75~4000万円

・死亡→3000万円

 

*自賠責保険と異なる点

①被害者しか請求できない

②加害者が特定できる場合は、被害者に支払った金額を加害者に対し求償する

③被害者に過失がある場合は、過失割合に応じて損害額が差し引かれる

④治療費は、自由診療で治療をしても健康保険の医療単価で換算

⑤健康保険・労災保険などの社会保障による給付や、加害者からの支払いがあった場合は、その金額を差し引いて支給

⑥自賠責保険の仮渡金・内払金に相当する制度がない

⑦いかなる理由があったとしても、起算日より3年で時効となる

⑧親族間の事故では、原則として適用されない

上記のような点で違いがあります。

 

江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へお任せください!