BLOG

自賠責保険について⑧/江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へ!

2019/11/25
交通事故のイラスト

江別で交通事故治療に力を入れている「はやしハリきゅう整骨院」です!

 

自賠責保険について解説していきます。

 

今回は過失割合に保険金の減額について紹介します。

 

自賠責保険は、被害者を救済するための制度ですが、

被害者に100%の過失があり、加害者がどうしても避けられないような事故の場合、保険金が支払われません。

この場合、加害者が自賠法第3条に記されている3つの項目すべてを立証すれば、「無責」となり、

被害者の損害は加害者に責任がない「自損事故扱い」となります。

 

*加害者が「無責」とされる3つの条件

【運行供用者および運転者が自動車の運行に関し、注意を怠らなかった】

ドライバーが交通ルールを守り、注意を怠らなかったことが証明できれば、

賠償義務はありません。

 

【被害者に故意、または運転者以外の第三者に故意または100%の過失があった】

保険金目当てで起こした事故などがこれにあたります。

また、第三者の行為により過失がないにもかかわらず加害者になってしまったときも無責になります。

 

【自動車に構造上の欠陥または機能の障害がなかった】

基本的には車検や定期点検、始業点検などを行っていれば、この項目は証明できます。

 

 

7割以上の過失で保険金は減額されます。

自賠責保険の保険金は、実務上の扱いとしては、

被害者に7割以上の重大な過失があった場合に限り、減額されて支払われます。

 

*7割未満の場合

・後遺障害または死亡事故→減額なし

・傷害事故→減額なし

 

*7割以上8割未満

・後遺障害または死亡事故→2割減額

・傷害事故→2割減額

 

*8割以上9割未満

・後遺障害または死亡事故→3割減額

・傷害事故→2割減額

 

*9割以上10割未満

・後遺障害または死亡事故→5割減額

・傷害事故→2割減額

となります。

 

江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へお任せください!