BLOG

交通事故の治療について/江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へ!

2019/11/04
交通事故のイラスト

江別で交通事故治療に力を入れている「はやしハリきゅう整骨院」です!

 

今回は交通事故の治療について紹介していきます。

 

*事故後はまず病院で検査を受ける

交通事故で適切な損害賠償を請求するためには、事故直後に病院を受診して負傷している旨を診断してもらう必要があります。

診断書は病院(医師)しか発行できません。そのため、交通事故で負傷をした場合にはまず病院で治療を受ける必要があります。

整骨院・接骨院では診断書を発行できないので注意が必要です。

 

・怪我の痛みは遅れてくる可能性がある

交通事故直後は、興奮状態でアドレナリンが分泌され、痛みに気がつかないケースが多々あります。

事故当日は平気でも、次の日になったら首が痛くて動かせない、という話は珍しくありません。

特に交通事故の代表的な負傷といわれるむちうちは、時間差で痛みが発生することもよくあるようです。

交通事故直後は痛みがなくても怪我をしている可能性は十分にあるので、事故後は必ず病院で検査を受けましょう。

 

 

*接骨院など病院以外で治療を受ける際の注意点

交通事故の影響で怪我をしている場合には、接骨院や整骨院での治療も有効だといわれています。

整骨院の先生は、柔道整復師という国家資格を持っており、怪我の治療も可能とされています。

ただ、全く医師の診断を受けず、整骨院のみで治療を続けると治療の必要性が判断できないとして後々トラブルが生じる可能性がありますので注意が必要です。

 

・病院の担当医に整骨院治療の希望を伝える

医師が整骨院での治療に明確に反対していた場合、保険会社からこれを理由として施術料の支払いを拒否されることもあります。

整骨院に通う場合、少なくとも医師にはその旨を伝えてください。

もし医師が明確に反対するようであれば、施術治療を受けないか、病院を変えることも検討すべきでしょう。

 

・無資格者の施術料は請求できない

整体院では整骨院と似たようなマッサージ治療を受けられますが、施術師が国家資格を有しない場合、治療行為と認められず、施術料を加害者側に負担してもらえない可能性もあります。

施術を行う者が資格者かどうかは事前に確認しましょう。

 

・診断書の作成ができない

診断書は医師しか作成できません。したがって負傷であれ、後遺症であれ傷病の状態や治療の必要性について判断が必要な場合は、医師を受診する以外に方法はありません。

したがって、仮に整骨院治療をメインとするとしても、医師の受診は2週間~1ヶ月間に1回は受けるべきでしょう。

 

 

江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へお任せください!