BLOG

11月の運転のポイントは?/江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へ!

2019/11/01
交通事故のイラスト

江別で交通事故治療に力を入れている「はやしハリきゅう整骨院」です!

 

11月の運転のポイントについて紹介します。

 

年末が近づき、すでに繁忙期に入っている所も多いと思います。

多忙な業務の影響が運転にも表れて、あせりやイライラから、運転者の安全確認がおろそかにならないように、注意してください。

 

*安全確認を徹底しよう

・交通事故の原因で最も多いのは「安全不確認」

交通事故の原因を法令違反別の発生状況でみると最も多いのは「安全不確認」で、全体の3割を超えています。

これに「脇見運転」「漫然運転」「動静不注視」を含めると、事故の3件に2件は運転者のうっかりミスであることがわかります。

交差点や見通しの悪い場所での一時停止・徐行と確認はもちろん、発進時や後退時の死角への確認、進路変更時の目視による確認など、

基本的な確認動作を忠実に守ることが事故防止につながります。 

 

・無意識による「動作の優先」が危険

安全確認のミスが起こりやすいのは、慣れた運転操作をする際に、確認よりも動作が優先してしまう場合です。

前の車が急に減速したときなど、追い越そうという気持ちがはやり、安全確認をする前に、つい無意識にハンドルを先に切ってしまうようなことはありませんか?

動作が優先してしまうと、確認しようとしたときには、もう他車などと接触しているということがよくあります。

こうした動作優先の運転習慣を防ぐために、常に「まず確認!先に確認!」と自分に言い聞かせてください。

また、確認より動作を先にしてしまったときには、たとえ危険がなかったとしても、「今のは確認が後になった!」と反省して忘れないようにしましょう。

 

 

江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へお任せください!