BLOG

四輪車とバイクの事故の過失割合について④/江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へ!

2019/09/11
四輪車とバイクの事故

江別で交通事故治療に力を入れている「はやしハリきゅう整骨院」です!

 

四輪車とバイクの事故の過失割合について解説していきます。

 

事故例をもとに具体的な過失割合を紹介していきます。

 

直進車と左折車の事故…信号機のない交差点

先行・追越左折による衝突の場合

直進単車と左折四輪車

 

①バイクが直進のケース

・バイク直進、先行四輪車が左折

→バイク:四輪車=20:80

 

・バイク直進、追越四輪車が左折

→バイク:四輪車=10:90

 

・バイクに加算となる要素

バイクの著しい前方不注視、バイクの15㎞以上の速度違反、バイクの30㎞以上の速度違反

・バイクに減算となる要素

四輪車が大型車、四輪車の大回り左折・進入路鋭角、四輪車の合図出し遅れ、四輪車の合図なし、四輪車の直近左折、四輪車の徐行なし、四輪車のその他の著しい過失

以上の要素により+20~-20%程度加減算される可能性があります。

 

 

②バイクが左折のケース

・先行バイクが左折、四輪車直進

→バイク:四輪車=60:40

 

・追越バイクが左折、四輪車直進

→バイク:四輪車=80:20

 

・バイクに加算となる要素

バイクの合図出し遅れ、バイクの合図なし、

・バイクに減算となる要素

四輪車の著しい前方不注視、四輪車の15㎞以上の速度違反、四輪車の30㎞以上の速度違反、

以上の要素により+20~-20%程度加減算される可能性があります。

 

 

交差点左折する車は手前30mで合図を出し、左側に寄って左折しなければいけません。

また、交差点30m以内では、追越・追抜も禁止されています。

 

江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へお任せください!