BLOG

交通事故を招く道路の横断について/江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へ!

2019/05/30
横断中のイラスト

交通事故を招く間違った道路の横断について解説していきます。

 

道路の横断は、横断歩道のあるところで、それもできるだけ信号のあるところで、信号に従って横断する。

これはごく当たり前の交通ルールですが、

このルールに従わずに道路を横断してしまう方大は勢いると思います。

これは交通事故の原因になってしまいます。

 

*正しい道路の横断、どこで行う?

・横断の場所・・・横断歩道、または歩道橋

道路上には、横断歩道が用意されています。

信号機の有無にかかわらず、歩行者が横断するために用意されたものですので、

横断歩道を渡るようにしましょう。

歩道橋がある場合は、歩道橋を使うことも良い方法です。

・青信号の意味は?

青信号は「進め」という意味ではなく、「進むことができる」という意味です。

歩車分離式の信号を除き、交差点では歩行者の横断歩道上の進行と同時に、左折車や右折車が横断歩道を横切ります。

青信号でも左右をよく見て、車が来ないことを確認しながら渡りましょう。

 

*間違った横断方法

①横断歩道が無いところで横断する

横断歩道が無いところで横断することは、フルスピードで走る車にぶつかる可能性が高く危険です。

特に、「横断禁止」の道路標識があるところは横断することが危険なので禁止されています。

 

②信号機が青になったので、左右を気にせず横断する

左折車や右折車が横断歩道を横切る可能性があるので、

信号が青になったからといって一目散に歩き始めるのは危険です。

スマホ等を見ながら渡ることもいけません。

周りへの注意が散漫になり、左折車や右折車に気付かず、交通事故となる危険があります。

また、歩車分離式信号でも油断できません。

車が「信号が青になるだろう」という見込みでアクセルを踏み込む可能性もありますから、いずれにしても左右をよく見て横断しましょう。

 

③「車は止まってくれるだろう」という思い込みで渡り始める

「渡り始めてしまえば、車は止まってくれる」と思っている方も多いと思います。

しかし、運転手が、歩行者に気付かない、または気付くのに遅れる場合もあります。

このように、「車は止まってくれるだろう」という思い込みで道路を横断することは交通事故に直結する、大変危険な行為です。

 

④車の直前・直後の横断

道路を渡る歩行者の姿は車の陰に隠れてしまい、対向車線の車からは見えません。

そのため、お互いが目の前に見えたときには双方どうにもならなくなります。

これも交通事故に直結する行為です。

また、駐車している車の前後を渡る時も十分注意しましょう。

車が突然動き出す場合があります。

 

⑤車が途切れた時に無理をして横断する

安全に道路を渡れるまで待つ必要がありますが、どのくらい待たなければならないかは道路状況によりさまざまです。

横断を待たされて、いらいらして、ちょっとの隙を見て、横断してしまう人もいるでしょう。

しかし、どのくらい待っていようとも、安全が確認できないまま道路を渡り始めることは交通事故に直結します。

 

⑥横断歩道の真ん中で止まる

スマホに夢中になるなどして、横断歩道の真ん中で止まることも交通事故の原因になります。

横断中に信号が変わると危険です。

道路を渡る時は止まらずに渡り切るようにしましょう。

 

⑦信号機が点滅してから渡り始める

歩行者信号の点滅は、車の黄色信号と同じ意味です。

これは「急いで渡れ」という意味ではありません。

点滅の意味は、「歩行者は、道路の横断を始めてはならず、

また、道路を横断している歩行者は、すみやかに、その横断を終わるか、

又は横断をやめて引き返さなければならない。」ということです。

横断途中であれば、急いで渡ることはもちろんですが、

信号機が点滅してから渡り始めることは危険ですのでやめましょう。

 

⑧信号をよく見ないで渡る

車が止まったからといって、あなたが進む方向の信号が青になるとは限りません。

思い込みはやめ、道路を横断するときは信号をよく見て、

青信号になったことを確認してから渡りましょう。

 

⑨斜め横断

斜め横断は車道を横切る距離が長くなるため、その分交通事故に遭う可能性が高くなりますのでやめましょう。

また、歩車分離式の横断歩道でも斜め横断用の線が引いていない箇所では、斜め横断をしてはいけません。

 

道路の間違った渡り方の多くは、歩行者の不注意と過信によるものといえます。

交通ルールを守るだけで、多くの交通事故は防げることになるでしょう。

 

江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へお任せください!