BLOG

レンタカーで交通事故が起きてしまったら/江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へ!

2019/05/17
運転中のイラスト

レンタカーでの交通事故について紹介します。

 

レンタカーを利用している際に交通事故を起こしてしまった場合、

その交通事故の損害はレンタカーを借りた者が賠償しなければならないのでしょうか。

 

*レンタカーで交通事故を起こした場合の賠償

・レンタカー利用者に賠償責任

自家用車で交通事故を起こしてまった場合と同様に、レンタカーで交通事故を起こしてしまった場合も、

相手に怪我をさせた場合は、相手にその損害を賠償しなければなりません。

物損事故の場合にも、その補償をしなければなりません。

それに加えて、運転していたレンタカーを交通事故により破損してしまった場合には、

その修理代もレンタカー会社に賠償しなければならないのです。

 

・賠償金は保険で補償される

これらの賠償金はレンタカー会社との契約時に締結した保険によってカバーされるのが一般的です。

日本国内のレンタカー会社は、ほとんどの会社が任意の自動車保険に加入しており、

その保険料はレンタカー代に含まれています。

 

・レンタカー利用者の費用負担

レンタカーで交通事故を起こした場合に、運転者自身が損害を賠償する必要は一切ないのでしょうか?

対人賠償責任保険は一般的に保険の限度額を無制限としている場合が多いのですが、

対物賠償責任保険や人身傷害保険等については一定の限度額が設定されている場合が多く、

損害が大きくその限度額を超えてしまった場合は、運転者自身で負担しなければならない可能性もあります。

さらに、限度額内であってもレンタカー会社が定めた免責額(主に数万円)は、

レンタカーを借りた側が負担しなければなりません。

 

・レンタカーで交通事故を起こした場合の対応

まずは自分が運転している自動車を安全な場所に移動し、

被害の確認、警察への通報をすること等は、

自家用車を運転している際の交通事故後の対応と変わりません。

しかし、レンタカーの場合、さらにレンタカー会社への連絡も必ずしなければなりません。

この連絡を怠ったり、警察への通報を怠ったりすると、

保険の適用が受けられず、大変なことになるので注意しましょう。

 

江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へお任せください!