BLOG

世界の交通事故事情について/江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へ!

2019/05/15
交通事故の画像

世界の交通事故事情について紹介します。

 

ある統計によると、世界では交通事故によって毎5分ごとに12人が死亡し、480人が負傷しているとのこと。

日本国内での交通事故の発生件数は減少傾向にありますが、

世界全体で見るとまだまだ交通事故の発生件数は増加傾向にありますし、

死亡事故のような重大な交通事故も数多く発生しています。

 

世界で交通事故によって死亡する者の数は年間で124万人にもなります。

そして、発展途上国での交通事故の死亡率は、AIDS・マラリア・結核などの次に、高いといわれています。

 

では、どの国でより多く交通事故、そして死亡事故が発生しているのでしょうか?

*交通事故の発生件数

・第1位 アメリカ 154万7797件

・第2位 日本 73万6688件

・第3位 インド 48万6384件

・第4位 ドイツ 31万0806件

・第5位 中国 23万8351件

人口や自動車保有数の多い国が上位にランクインしています。

 

*死亡者を伴う交通事故の発生件数

・第1位 インド 13万37件

・第2位 中国 7万134件

・第3位 ブラジル 3万6499件

・第4位 アメリカ 3万2885件

・第5位 インドネシア 3万1234件

交通事故の発生件数のランキング上位5位までのうち3ヶ国がこちらにもランクインしていますが、日本はランクインしていません。

日本は、スピードをあまり出していない状態での交通事故が多いことが、

他国に比べて死亡事故の割合が少ない理由の1つとされています。

 

*人口10万人当たりの交通事故死亡率

・第1位 ニウエ 68.3人

・第2位 ドミニカ共和国 41.7人

・第3位 タイ 38.1人

・第4位 ベネズエラ 37.2人

・第5位 イラン 34.1人

今度は、人口10万人当たりの交通事故の事故死率です。

先に記載した2つのランキングは、いずれも交通事故あるいは死亡事故の発生「件数」であるため、

人口が多い国が上位にランクインされるのは、ある意味で必然と言えるかもしれません。

 

日本も、交通事故の発生件数は年々減少傾向にあるとはいえ、

今もなお国内で1分間に1件以上の割合で交通事故が起きているという計算になります。

意識次第で未然に防ぐことができる交通事故もありますが、

自動車が走っている限り交通事故は0にはならないのかもしれません。

 

もし、交通事故の当事者となってしまったら、いち早く交通事故に強い弁護士に相談するといいでしょう!

 

江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へお任せください!