BLOG

交通事故における政府保障事業を知っていますか?/江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へ!

2019/03/11
交通事故の画像

交通事故において政府保障事業というものがありますが、

みなさんはご存知ですか?

 

政府保障事業とは、

交通事故の加害者の自賠責保険に対して保険金の支払いを請求できないケースにおいて、

政府から補償金の支払いが行われる制度のことです。

 

政府保障事業が利用されるのは、具体的には以下のようなケースです。

・ひき逃げ、当て逃げなどのケースで、加害車両やその所有者が不明の場合

・加害車両が自賠責保険に加入していない場合

・盗難車両を運転していた場合など、加害車両の所有者に自賠法にもとづく責任が発生しない場合

上記のようなケースでは、政府保障事業を利用して、支払いを受けることができます。

 

政府保障事業ではどのくらいの金額が支払われるのでしょうか?

 

政府保障事業は、事故の相手方が自賠責保険に加入していない場合などに

最低限の被害者の救済を行うための制度です。

よって、ここから支払われる金額は、基本的に自賠責保険の基準と同じで

「死亡:3,000万円 後遺障害:4,000万円 傷害:120万円」

となります。

 

自賠責基準は、交通事故の3つの賠償金計算基準の中では最も低額です。

政府保障事業からは、

裁判基準などの高額な支払いを受けることはできないので、注意が必要です。

弁護士に依頼すると、

最も高い基準である「弁護士・裁判基準」で適正な賠償額を計算し、示談交渉をしてくれます。

そのため、弁護士に依頼することで、受け取れる示談金額が高くなります。

 

当院は交通事故に詳しい弁護士と連携をとっています。

 

江別で交通事故治療は、はやしハリきゅう整骨院へお任せください!