BLOG

弁護士費用特約について

2019/03/09
弁護士のイラスト

弁護士費用特約について解説していきます。

 

弁護士費用特約とは、自動車保険につけておく特約の1種で、

交通事故でかかった弁護士費用を自分の保険会社が負担してくれるものです。

 

弁護士費用特約をつけておくと、

交通事故問題で弁護士に相談したときの相談料や示談交渉にかかる費用、

裁判にかかる費用などを保険会社が支払ってくれるので、

被害者が自分でお金を払って弁護士に依頼する必要がなくなります。

 

しかし、弁護士費用特約が使えないケースもあります。

弁護士費用特約が適用されないのは、

「契約者や搭乗者自身に問題があったケース」が主となります。

たとえば故意や重過失がある場合、無免許運転、飲酒運転、麻薬吸引状態での運転、危険な乗り方をしていたようなケースでは、特約が適用されません。

 

被害者の過失割合が0でないと弁護士費用特約を利用できないと思っている人も多いですが、

被害者に過失があっても弁護士費用特約の利用は可能です。

もちろん被害者に過失がない場合は弁護士費用特約を利用する典型的な例ですが、

被害者に過失があっても、相手に賠償金を請求できる限り、

基本的に弁護士費用特約を利用する事ができます。

たとえば、加害者と被害者の過失割合が8:2や7:3などであっても、

問題なく弁護士費用特約を利用できます。

 

交通事故に遭ったときには、弁護士費用特約を利用すると大きなメリットを受けられます。

交通事故に詳しい弁護士に相談するといいでしょう!

また、当院は交通事故に詳しい弁護士と連携をとっていますので、

お困りの際は、一度ご相談ください♪